用語集

ティアドロップ型

ティアドロップ型とは、その名の通り涙のしずくのような形のことを言います。サングラスなどを形容する際に、ティアドロップ型のサングラス、のように使われる言葉です。

FUT法と呼ばれる自毛植毛の手術法では、まずメスを用いて後頭部を長方形に頭皮ごと切り抜くことによって毛髪を採取します。切り取られた頭皮の部分は、縫合することによって傷口をふさぎます。そのため、手術後後頭部に1本の線状の傷跡が残ってしまう点がFUT法の欠点です。その後、切り抜いたブロック片を毛包単位に切り分ける株分けと呼ばれる手術行程に入ります。この株分けの作業の際、グラフトは皮膚組織や表皮などの不要な部分を極力除き、ティアドロップ型に整えられます。こうすることで、後の作業がスムーズに進み、生着率も上がります。その後、移植部分にメスを用いて小さな切り込みを入れ、ドナーを植え込んでいきます。