FUTとは

FUT法は代表的な自毛植毛の手術法の一つであり
全世界で行われています。

FUT法は、後頭部の皮膚をメスで切り取ることによって毛髪を採取する手法のことを言います。
このように移植片を採取した後、傷口を縫合し、その後切り取った皮膚を毛包単位に分けていきます。
この作業を株分けと言います。

その後、移植先に小さな切り込みを入れ、株分けした移植片を植え込んでいきます。
このような自毛植毛の手術法をFUT法と呼んでいます。

一方、移植片を採取する際にメスを使わず専用のパンチを用いるFUE法という手術法もあり、
FUT法とよく比較されます。

FUT法では、移植片を採取する際の傷口が残ってしまったり、
術後、傷口が完治するまでに時間がかかってしまったりするというデメリットもあります。

一方、FUE法はメスを使わないため傷口が残ったりしにくいというメリットがありますが、
技術力の低い医師が行うと移植片を採取する際、高度な技術を持った医師が行わないと毛根を傷つけてしまう確率が高く、無駄になってしまう毛髪の数が多いというデメリットがあります。

クリニックを選ぶ際は医師の技術や実績について調べることをおすすめします。

ご予約・お問い合わせはこちら
0120-43-1082受付時間:10:00〜19:00 年中無休
  • アイランドタワークリニック採用サイト