3つの植毛手法とは

自毛植毛には施術法によっていくつかの種類が存在しており、
それぞれ仕上がりも異なります。

どの種類の治療法を選ぶかによってメリット・デメリットが異なりますので、
患者様に合った自毛植毛の方法を選び、ぜひ新たな人生を歩んでください。
当院では自毛植毛を知り尽くした、経験豊富な医師とアドバイザーがおりますので、お気軽にご相談ください。

ニードル法(Choi式)

1992年に韓国で誕生した植毛方法です。
細い専用の植毛針を用いて、穴あけと植え込みを同時に行う事ができます。
植毛針の開発者の名前からchoi式と呼ばれることもあります。
FUE、FUTが複数本生えている毛穴(マイクログラフト)の周囲の組織ごとドナーとして使うのに対し、
ニードル法は毛髪の一本一本を使用します(シングルヘアグラフト)。

デメリット

髪の毛の移植密度に限界があります。さらにこの方法は移植できる髪の毛の種類が限られ、移植毛は細い一本毛となります。このため、地肌が見え、毛量がしっかりとある状態とは程遠い仕上がりとなります。さらに一本一本の移植となるため医師の負担が大きく、料金も高額となります。またショックロスによる一時的脱毛が起こる確率が他の自毛植毛よりも高く、生着にも時間がかかると言われています。

メリット

植毛針によって穴あけと植え込みを同時に行うことができるので、工程が少なくなります。

一本一本が細い毛になるので生え際はより自然に再現でき、針が細いため移植痕が目立ちにくいです。

ストリップ法(FUT)

ドナー採取、スリットの作成、移植という3ステップでの移植となります。
ドナー採取方法は、AGAの影響を受けていない後頭部の毛髪部分をメスで短冊状にまとめて切り取ります。
切り取った箇所の頭皮は皮膚を引っ張り縫合します。
その後、マイクログラフト単位までメスで切り分けていきます。
移植部にメスで小さなスリットを作り、ドナーをピンセットで差し込んでいく自毛植毛法です。

デメリット

縫合した箇所は当然毛髪は生えてきませんので、後頭部に一生残る一文字の傷痕が残ることになります。
麻酔が効いているとは言え術後の痛みは比較的強いと言えます。

メリット

一度に大量のドナーを採取するため全体の手術時間が短縮されます。
医師の負担も比較的少ないため料金が安くできる傾向にあります。採取されたドナーは様々な種類の毛髪があるため、状態のいい毛髪を選ぶ事で、比較的効果の高い自毛植毛の施術が可能です。

ダイレクト法(FUE)

採取、ホール作成、移植の3つの工程からなる自毛植毛法です。

FUTと大きく異なるのは3つの工程において特殊な器具を用いる点です。1mm前後の口径のチューブ型のパンチを利用しマイクログラフトを採取、移植部に新たな毛穴を作成し、ドナーを植え込んでいきます。
の時、AGAの影響を受けていない状態のいい毛髪を、
移植部に合わせて(1本毛〜4本毛など)種類を選び採取する事が出来るのも特徴です。
毛穴が無くなってしまったところにも再度毛穴を作成し自毛植毛を行う事が可能で、ご希望に合わせた施術が可能です。

デメリット

一般的に大量植毛には向かないとされています。しかし、多くは医師の技術力に寄るところも大きく、当院を始め、メガセッション(一時間1000株以上)できるクリニックも増え、他の種類の自毛植毛よりもデメリットも無くなってきています。

メリット

採取するドナーの大きさや、移植先の毛穴が均一で仕上がりが良いとされています。
FUTと違いメスを使わないため、痛みが軽減され、また手術痕も目立ちません。

ご予約・お問い合わせはこちら
フリーダイアル0120-43-1082受付時間:10:00〜19:00 年中無休
  • アイランドタワークリニック採用サイト