薄毛治療のメリット・デメリット

薄毛治療には数多くの治療法が存在しておりますので、
自分に合った薄毛治療を選ぶことが重要です。

下記に主な薄毛対策、薄毛治療法についての比較表を作成しました。
どの薄毛治療にもメリットとデメリットがありますので、その違いを比較し、理解することで、
自分に最適な薄毛治療法を選択してください。

育毛剤 内服薬 自毛植毛
区分 医療 医療 医療
効果 ミノキシジル含有の育毛剤のみ、医学的に効果が認められている。 薄毛の進行を抑制することが可能。すでになくなった毛髪の再生は難しい。 毛髪の移植により薄毛の解消が可能。移植毛は半永久的に生え変わる。
デメリット 頭皮のかゆみや、循環器系の副作用が報告されている。 個人差はあるが副作用も確認されている。効果の確認に半年間の継続使用が必要。 外科的治療のため専門の医療機関でしか受けられない。
コスト 低額の初期費用ではじめることができる。継続使用が必要。 処方にあたって医師の診察が必要。使用している間のみ効果が継続。 施術費用は高額だが、一度の治療で薄毛の解消が可能。
  • 薄毛治療法
  • 区分
  • 効果
  • デメリット
  • コスト

自毛植毛

非医療

毛髪と毛髪を作る細胞を移植するため、自分の毛髪が生えてくる。

外科的治療のため専門の医療機関でしか受けられない。

施術費用は高額だが、一度の治療で薄毛の解消が可能。

育毛剤

医療

ミノキシジルのみ、頭頂部の薄毛に対して医学的な効果が認められている。

頭皮のかゆみや、循環器系の副作用が報告されている。

低額の初期費用ではじめることができる。継続使用が必要。

内服薬

医療

薄毛の進行を抑制することが可能。すでになくなった毛髪の再生は難しい。

副作用も確認されている。効果の確認に半年間の継続使用が必要。

処方にあたって医師の診察が必要。使用している間のみ効果が継続。

育毛剤について

今ある自分の髪の毛を太く、そして長くすることで、
ボリュームアップを目指す方法。

デメリット

効果が分かりにくく、根気よく使い続けなければならない。AGA(男性型脱毛症)の原因に対して作用するものではないため、医学的根拠もないので注意が必要。

メリット

市販の育毛剤なども多いため手軽に始めることができる。

発毛サロンについて

独自のヘッドスパ、頭皮のマッサージを専門とし、
食事療法のカリキュラムが含まれるサービスなど多種多様。
頭皮の環境を改善し発毛を促進することを主な目的としたサービス。

デメリット

効果が分かりにくく、根気よく使い続けなければならない。AGA(男性型脱毛症)の原因に対して作用するものではないため、医学的根拠もないので注意が必要。

メリット

市販の育毛剤なども多いため手軽に始めることができる。

内服薬について

薬を飲み続ける限り薄毛の進行を抑制される。
すでに薄くなった部分でも毛母細胞が生き残っていれば
また新たな髪が生えることが期待できる。

デメリット

効果が出るまでに時間がかかる。中断すると脱毛が進み元の状態に戻ってしまうので長期間にわたり薬代がかかる。

メリット

特別な手入れもなく、人に気づかれずに治療できる。

かつら・増毛について

かつら

シリコン等の素材でできたパーツに、化学繊維などを利用し人工的に作られたものを、人の頭部にかぶるもの。

増毛

薄くなった自分の髪の毛に、人工毛などを4~6本ずつ結びつけることで、髪のボリュームアップを目指す方法。

脱着式(かつら) 編み込み式(かつら・増毛) 貼り付け式(かつら・増毛)
ピンや両面テープで固定するため自分でできる。 地毛に編み込みまたは細い糸や接着剤で固定するため自分ではできない。 地毛を剃り強力な接着剤、またはテープで固定する方式。
デメリット
ズレる可能性もあり、品質によってはバレやすい。ピンが当たる部分の毛が抜けることも。 ズレる可能性もあり、品質によってはバレやすい。ピンが当たる部分の毛が抜けることも。カツラ・増毛タイプ共に地毛にかかる負担が大きくなる上、抜けやすくなったり、編み込みが痛くて眠れないことも。自毛が伸びると長さのバランスが悪くなるため、メンテナンスが月に1回必要になる。 貼り付ける部分に自毛があれば、剃らなければならない。皮膚の弱い方はかぶれや痒みを生じてしまう。デリケートな素材で作られているため、耐久性が極めて低い。剥がすときにはリムーバ(クリーナー)などの除去剤が必要。
メリット
外して洗髪可能。 カツラはきつく固定するためずれにくい。そのままスポーツや就寝も可能。増毛はすぐに毛量がアップしたように見えるため、即効性が高い。 頭皮が透けて見えるために極めて自然。簡単にはズレたり外れたりしない上、短髪のヘアスタイルやオールバックも作れる。
  • 脱着式
    (かつら)
  • 編み込み式
    (かつら・増毛)
  • 貼り付け式
    (かつら・増毛)

ピンや両面テープで固定するだけなので、自分でできる。

デメリット

ズレる可能性もあり、品質によってはバレやすい。ピンが当たる部分の毛が抜けることも。

メリット

外して洗髪可能。

地毛に編み込む、または細い糸や接着剤で固定するため自分ではできない。

デメリット

ズレる可能性もあり、品質によってはバレやすい。ピンが当たる部分の毛が抜けることも。カツラ・増毛タイプ共に地毛にかかる負担が大きくなる上、抜けやすくなったり、編み込みが痛くて眠れないことも。自毛が伸びると長さのバランスが悪くなるため、メンテナンスが月に1回必要になる。

メリット

カツラはきつく固定するため、ずれにくい。そのままスポーツや就寝も可能。増毛はすぐに毛量がアップしたように見えるため、即効性が高い。

地毛を剃り強力な接着剤、またはテープで固定する方式。

デメリット

貼り付ける部分に自毛があれば、剃らなければならない。皮膚の弱い方はかぶれや痒みを生じてしまう。デリケートな素材で作られているため、耐久性が極めて低い。剥がすときにはリムーバ(クリーナー)などの除去剤が必要。

メリット

頭皮が透けて見えるために極めて自然。簡単にはズレたり外れたりしない上、短髪のヘアスタイルやオールバックも作れる。

薄毛を外科的に治療する
「自毛植毛」

毛髪と毛髪を作る組織を移植するだけで、
自分の髪が生涯生え続ける。
脱毛を促すDHTの影響を受けにくい、つまり薄毛になりにくい後頭部の髪の毛を毛包ごと採取し、医師が外科手術で薄毛が気になる部分に移植する方法です。一度移植すれば、生着した毛髪は、移植された場所でその後も生え続けます。
自毛植毛は医師が行う生体間移植の一種として古くから実施されており、薄毛治療法として欧米では広く普及している方法です。

自毛植毛をさらに追究 アイランドタワークリニック
独自の自毛植毛

メスを使用しない
毛包単位の採取
医師の精緻なデザイン
当院開発の自毛植毛法であるi-Directは、メスを使用しないため従来の自毛植毛の課題であった後頭部の切除痕が残らず、従来より毛包を傷めない施術方法により生着率も向上しています。
手術には熟練医師の技術が必要ですが、1本ずつ採取するので後頭部の採取跡も目立ちにくく、移植箇所も生やす方向や密度など細かいデザインが可能です。ランニングコストもかからない為、そ長い目で見ると費用対効果が高いといえるでしょう。
ご予約・お問い合わせはこちら
フリーダイアル0120-43-1082受付時間:10:00〜19:00 年中無休