無料カウンセリング予約フォーム
お名前
フリガナ
性別
年齢
お電話番号
メールアドレス
予約を希望するクリニック
第1診察希望日
 月  日  時頃
第2診察希望日任意
 月  日  時頃
当院HPを何でお知りになりましたか?任意
  
気になる箇所はどこですか?任意
ご伝達事項など任意
下記個人情報に関する内容をご確認ください

アイランドタワークリニック(以下「当院」)は、患者さまの個人に関する情報(以下「個人情報」)につきまして、適切に保護することが社会の責務として重要と考え、下記の方針に基づき、個人情報の取り扱いを徹底してまいります。

個人情報の管理について

当院は患者さまの個人情報保護のため、その取扱いや管理、情報システム面について保護責任者を定めています。保護責任者の管理体制のもと、適切なルールと教育を行い、また、随時見直し、改善を行っています。
患者さまの情報をいただくケースとして、資料請求、お問い合わせ、カウンセリング予約、イベント・セミナーへの申し込みの際がございます。

対象となる個人情報

対象となる個人情報とは、患者さまのお名前、Eメールアドレス、住所、生年月日などを含む問診票記載内容、カルテ等の診療に関する内容、ご予約時の履歴等、当院での医療サービスを提供する上での患者さまの情報を対象とさせていただきます。

情報の収集方法及び利用目的について

患者様からのお電話、メール、FAX、郵便物、及び来院の際の書面への記入等の方法によって、収集させていただきます。患者さまの個人情報は、当院からの各種ご案内等のサービスの提供のため、業務上必要な範囲で限定し、利用させていただきます。

関連会社などの委託について

患者さまへの医療に関する物品、医療に関する検査会社及び、情報システムの処理、その他医療サービスの向上のために、利用目的の範囲内で当院と秘密保持契約を締結している関連会社等、外部へ委託する場合があります。個人情報を取り扱う際に、適切な安全管理措置を当院が責任をもって指導・監督を行い、患者さまの個人情報の保護にあたります。

個人情報の開示・訂正・利用停止について

患者さまから、ご自身の個人情報の開示・訂正・利用停止のご請求があった場合には、ご本人であることを確認させていただいた上で、速やかに対応いたします。

クッキーに関して

当院のウェブサイトでは、クッキーを利用しているページがあります。クッキーとは、インターネットの効率的な運用のために、ウェブサーバがコンピュータを識別する業界標準の技術です。クッキーは個人情報を収集するものではなく、ホームページをより便利にご利用いただけるよう改良するために使用されています。
ブラウザ(閲覧ソフト)の設定により、クッキーの受け取りを拒否したり、クッキーを受け取ったときに警告を表示させたりすることができますが、それにより、サービスの全部または一部がご利用になれなくなる場合がありますので、予めご了承ください。

個人情報の相談窓口

個人情報保護方針に基づきまして、その取扱いに関しては、お申し込みいただいた時点で、患者さまの同意とさせていただきます。
また、取り扱いについての不明な点がありましたら、下記までお問い合わせください。

電話:0120-43-1082
電話受付:10:00~19:00
休診:年中無休(元旦を除く)
アイランドタワークリニック

薄毛の原因AGA

薄毛に悩む男性の多くは、
AGA(男性型脱毛症)が原因です。

AGA(エージーエー)とは、AndroGenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」を意味します。
成人男性に発症する進行性の脱毛症のことをいい、額の生え際や頭頂部の髪の毛が徐々に細くなっていき、
最終的には脱毛してしまうことで額が後退し頭頂部の地肌が見えるようになることが典型的な症状です。
AGAが原因の薄毛の場合、症状は進行性のため、
一旦発症してしまうと効果的なケアをしない限り症状は進行し、薄毛が目立つようになっていきます。

AGA(エージーエー)の発症年齢や進行する箇所・程度には個人差がありますが、
一般的に男性ホルモン(テストステロン)が変異したDHT(ジヒドロテストステロン)の影響などが主な原因と考えられております。

Dr.ドクターに聞くAGAの原因とは?

ドクター坂本 有孝
2000年
久留米大学医学部卒業 同大学形成外科入局
2004年
九州がんセンター形成外科勤務
2005年
久留米大学病院形成外科勤務
2009年
済生会福岡総合病院 形成外科医長
2012年
同院 主任部長
2013年
アイランドタワークリニック勤務
2015年
アイランドタワークリニック新宿院院長 就任
日本形成外科学会認定専門医
AGAを発症する原因は、どのようなことが考えられるのでしょうか?

AGA(エージーエー)は遺伝や男性ホルモン、生活習慣など様々な要因が複合的に絡み合って引き起こされますが、その中でも 男性ホルモンの影響が最も大きな原因と考えられています。

なぜ男性ホルモンがAGAの原因になるのでしょうか?

AGAを引き起こす原因となる、 テストステロンは体つきや体毛に作用して男性らしさを強める男性ホルモンのひとつです。テストステロンは誰でも分泌されているものであり、血液を介して全身を巡っています。その一部が毛乳頭細胞に取り込まれると5α-還元酵素Ⅱ型という変換酵素の作用でより活性の強い DHT(ジヒドロテストステロン) に変換されます。このDHTが毛乳頭細胞内のレセプター(受容体)に結びつくことで毛母細胞のアポトーシス(細胞の自然死)を促すシグナルが出され、毛周期が退行期へと誘導されてしまうことがAGAの直接の原因となります。

その結果、一定の期間(男性の場合通常2〜7年)で生まれ変わっているヘアサイクルの成長期は短く(数ヶ月〜1年)なり硬毛に成長する前に抜けてしまうので、見た目には産毛のような軟毛が増加してしまいます。また、休止期から成長期に移行せず毛球部が萎縮して消失してしまった毛包も増加し、頭皮にうぶ毛程度の毛も生えていない状態が広がっていきます。これが、AGAが原因の場合の、薄毛のメカニズムになります。

通常のヘアサイクル
成長期が長く、脱毛しても次の髪がすぐに発毛する。
AGAのヘアサイクル
成長期が短く、脱毛を繰り返す。

5α-還元酵素Ⅱ型の分布や、DHTに対するレセプターの感度には個人差があるためAGAの進行度合いは人によって異なりますが、一度発症してしまうと現代の医学では根治できません。また、AGAの発症については様々な誘因が関係するため、これをしておけば大丈夫という予防策もないのが現状です。

では、AGAを発症した場合はどのように対処したら良いでしょうか?

発症した場合に迅速かつ適切なケアをすることで、それ以上進行させないことが大事です。進行性のAGAは早めに対処を考えれば、治療の選択肢も広がります。下記に典型的なAGAの症状をまとめたチェックをご用意しました。簡易的にご自分の薄毛の原因がAGAにあるのかがわかりますので、鏡を見たり、家族にたずねたりしてチェックしてみてください。

AGAかな?と思ったら…まずはAGAチェック!

家族構成について

両親、兄弟、祖父母に髪の薄い人がいる。

髪の毛の状態

うぶ毛のような細くて短い髪の毛が多くなり、ハリ、コシがなくなった。

抜ける部位

額の生え際、頭頂部から抜けている。

抜け始めた時期

思春期よりあとになってから髪の毛が抜けはじめ、徐々に薄毛が進行している。

抜け毛の状況

シャンプーやブラッシングしたときの抜け毛、枕もとに残った抜け毛が多く気になる。

薄毛の原因がAGAかどうかの詳細な検査(AGA遺伝子検査)はクリニックにて行なっています。

当てはまるものがあり、治療を希望する場合は出来るだけ早くご相談ください。アイランドタワークリニックが皆様の薄毛の悩みに的確にアドバイスいたします。

各種お申し込みは、
こちらから承っております。

ご予約・お問い合わせはこちら
0120-43-1082 受付時間:10:00 〜 19:00【年中無休】
オンライン予約はこちらからお申し込みください
カウンセリング予約
アイランドタワークリニックについて詳しく知りたい方は
資料請求