男性型脱毛症診療ガイドライン

日本皮膚学会が平成22年4月、
診療ガイドライン(指針)を作成し、
科学的根拠に基づいて
治療薬や植毛などを5段階で評価しました。

男性型脱毛症診断ガイドライン(2010年版)

治療法 評価 使用について 効果について
ミノキシジル外用 A 強く勧められる 既存毛に対して育毛を促進
フィナステリド内服 AGAの進行を遅らせる
自毛植毛 B 勧められる 無毛部位に自身の毛髪を移植する
塩化カルプロニウム外用
t-フラバノン外用
アデノシン外用
サイトプリンペンタデカン外用
ケトコナゾール外用
C1 考慮してもよいが、十分な根拠がない
セファランチン外用 C2 根拠がないので勧められない
人工植毛 D 治療法として行わないように勧められる
ミノキシジル外用
評価
A
使用について
強く勧められる
治療について
既存毛に対して育毛を促進
フィナステリド内服
評価
A
使用について
強く勧められる
治療について
AGAの進行を遅らせる
自毛植毛
評価
B
使用について
勧められる
治療について
無毛部位に自身の毛髪を移植する
塩化カルプロニウム外用
t-フラバノン外用
アデノシン外用
サイトプリンペンタデカン外用
ケトコナゾール外用
評価
C1
使用について
考慮してもよいが、十分な根拠がない
治療について
セファランチン外用
評価
C2
使用について
根拠がないので勧められない
治療について
人工植毛
評価
D
使用について
治療法として行わないように勧められる
治療について

COLUMN ミノキシジル外用、フィナステリド内服と自毛植毛について

ミノキシジルについて

既存の毛髪に対して栄養を届ける。塗り薬として販売されているミノキシジルは、毛細血管の拡張作用があり、髪に栄養が届きやすくなります。AGAに直接的な効果はありませんが、既存毛の質の向上に効果が見込めるとされています。

フィナステリドについて

男性型脱毛症(AGA)を抑制。購入には医師の診断を受けて処方箋を手に入れる必要があります。AGAは進行したら止められませんが、フィナステリドを服用し続けることで薄毛を食い止められることが可能とされています。外国の動物実験で、実験体の子供(オス)の生殖器に異常が見られたという報告があるので注意が必要です。

自毛植毛について

毛髪がない所から毛髪を生やす。毛髪がない箇所に自分の髪の毛を移植をすることで薄毛の解消を目指します。AGAの対策はもちろんのこと、先天的な問題から、デザイン感覚でも取り組めるものです。外国では美容整形としてライトな感覚で一般化されているのが特長です。

このように、自毛植毛だけが外科的にアプローチできる治療法です。

ガイドラインについて

検証結果を有効性やエビデンス(文献などによる科学的根拠)の良質さに基づいて5段階の推奨度で評価されています。

ガイドラインによる5段階評価

  • 強く勧められる

  • 勧められる

  • 考慮しても良いが
    十分な根拠が無い

  • 根拠がないので
    勧められない

  • 治療法として
    行わないように勧められる

  1. 治療に使用されている薬効成分のうち「A」に分類されたのは、ミノキシジル(外用)とフィナステリド(内服)です。
    ただし、フィナステリドは、更年期以降の女性で無効性が確認されたため、また妊娠中にプロペシア錠を内服すると男性胎児の外性器に異状を生じる可能性があるため、女性では「D」に分類されます。
    医薬部外品・化粧品育毛剤(全て外用)の塩化カルプロニウム、t-フラバノン、アデノシン、サイトプリン、ペンタデカン、ケトコナゾールはいずれも「C1」に、セファランチンは「C2」に分類されています。

  2. 植毛術については、自分の毛髪を移植する自毛植毛は「B」ですが、化学繊維を使った人工毛植毛は感染症や頭皮のかゆみを訴える症例報告が多く、「D」に分類されています。
    上記の内服薬や外用薬と自毛植毛を同列に論じることには多少の無理がありますが、いずれにしても市場に氾濫している、臨床効果のエビデンスが明確でない育毛・発毛剤や怪しげな育毛サロンに対する警鐘として、一石を投じたことになるでしょう。
    ちなみにガイドラインによると、男性の場合は5%のミノキシジルの外用とフィナステリドの内服を、また女性の場合は1%のミノキシジルの外用を1年間続けて満足がいかない場合は、十分な経験と技術を有する医師が行うことを前提とした"自毛植毛"や"カツラ"の使用を勧めています。

ご予約・お問い合わせはこちら
フリーダイアル0120-43-1082受付時間:10:00〜19:00 年中無休