無料カウンセリング予約フォーム
お名前
フリガナ
性別
年齢
お電話番号
メールアドレス
予約を希望するクリニック
第1診察希望日
 月  日  時頃
第2診察希望日任意
 月  日  時頃
当院HPを何でお知りになりましたか?任意
  
気になる箇所はどこですか?任意
ご伝達事項など任意
下記個人情報に関する内容をご確認ください

アイランドタワークリニック(以下「当院」)は、患者さまの個人に関する情報(以下「個人情報」)につきまして、適切に保護することが社会の責務として重要と考え、下記の方針に基づき、個人情報の取り扱いを徹底してまいります。

個人情報の管理について

当院は患者さまの個人情報保護のため、その取扱いや管理、情報システム面について保護責任者を定めています。保護責任者の管理体制のもと、適切なルールと教育を行い、また、随時見直し、改善を行っています。
患者さまの情報をいただくケースとして、資料請求、お問い合わせ、カウンセリング予約、イベント・セミナーへの申し込みの際がございます。

対象となる個人情報

対象となる個人情報とは、患者さまのお名前、Eメールアドレス、住所、生年月日などを含む問診票記載内容、カルテ等の診療に関する内容、ご予約時の履歴等、当院での医療サービスを提供する上での患者さまの情報を対象とさせていただきます。

情報の収集方法及び利用目的について

患者様からのお電話、メール、FAX、郵便物、及び来院の際の書面への記入等の方法によって、収集させていただきます。患者さまの個人情報は、当院からの各種ご案内等のサービスの提供のため、業務上必要な範囲で限定し、利用させていただきます。

関連会社などの委託について

患者さまへの医療に関する物品、医療に関する検査会社及び、情報システムの処理、その他医療サービスの向上のために、利用目的の範囲内で当院と秘密保持契約を締結している関連会社等、外部へ委託する場合があります。個人情報を取り扱う際に、適切な安全管理措置を当院が責任をもって指導・監督を行い、患者さまの個人情報の保護にあたります。

個人情報の開示・訂正・利用停止について

患者さまから、ご自身の個人情報の開示・訂正・利用停止のご請求があった場合には、ご本人であることを確認させていただいた上で、速やかに対応いたします。

クッキーに関して

当院のウェブサイトでは、クッキーを利用しているページがあります。クッキーとは、インターネットの効率的な運用のために、ウェブサーバがコンピュータを識別する業界標準の技術です。クッキーは個人情報を収集するものではなく、ホームページをより便利にご利用いただけるよう改良するために使用されています。
ブラウザ(閲覧ソフト)の設定により、クッキーの受け取りを拒否したり、クッキーを受け取ったときに警告を表示させたりすることができますが、それにより、サービスの全部または一部がご利用になれなくなる場合がありますので、予めご了承ください。

個人情報の相談窓口

個人情報保護方針に基づきまして、その取扱いに関しては、お申し込みいただいた時点で、患者さまの同意とさせていただきます。
また、取り扱いについての不明な点がありましたら、下記までお問い合わせください。

電話:0120-43-1082
電話受付:10:00~19:00
休診:年中無休(元旦を除く)
アイランドタワークリニック

男性型脱毛ガイドライン

日本皮膚学会が平成22年4月、
診療ガイドライン(指針)を作成し、
科学的根拠に基づいて
治療薬や植毛などを5段階で評価しました。

男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)

治療法 評価 使用について 効果について
ミノキシジル外用 A 強く勧められる 既存毛に対して育毛を促進
フィナステリド内服 A 強く勧められる AGAの進行を遅らせる
自毛植毛 B 勧められる 無毛部位に自身の毛髪を移植する
塩化カルプロニウム外用
t-フラバノン外用
アデノシン外用
サイトプリンペンタデカン外用
ケトコナゾール外用
C1 考慮してもよいが、十分な根拠がない
セファランチン外用 C2 根拠がないので勧められない
人工植毛 D 治療法として行わないように勧められる

COLUMN:ミノキシジル外用、フィナステリド内服と自毛植毛について

ミノキシジルについて

既存の毛髪に対して栄養を届ける。塗り薬として販売されているミノキシジルは、毛細血管の拡張作用があり、髪に栄養が届きやすくなります。AGAに直接的な効果はありませんが、既存毛の質の向上に効果が見込めるとされています。

フィナステリドについて

男性型脱毛症(AGA)を抑制。購入には医師の診断を受けて処方箋を手に入れる必要があります。AGAは進行したら止められませんが、フィナステリドを服用し続けることで薄毛を食い止められることが可能とされています。外国の動物実験で、実験体の子供(オス)の生殖器に異常が見られたという報告があるので注意が必要です。

自毛植毛について

毛髪がない所から毛髪を生やす。毛髪がない箇所から毛髪が生えさせることができる唯一の方法です。AGAの対策はもちろんのこと、先天的な問題から、デザイン感覚でも取り組めるものです。外国では美容整形としてライトな感覚で一般化されているのが特長です。

このように、自毛植毛だけが唯一ゼロをプラスにできる治療法なのです。

ガイドラインについて

検証結果を有効性やエビデンス(文献などによる科学的根拠)の良質さに基づいて5段階の推奨度で評価されています。

ガイドラインによる5段階評価
A:強く勧められる
B:勧められる
C1:考慮しても良いが、十分な根拠が無い
C2:根拠が無いので勧められない
D:治療法として行わないように勧められる

治療に使用されている薬効成分のうち「A」に分類されたのは、ミノキシジル(外用)とフィナステリド(内服)です。ただし、フィナステリドは、更年期以降の女性で無効性が確認されたため、また妊娠中にプロペシア錠を内服すると男性胎児の外性器に異状を生じる可能性があるため、女性では「D」に分類されます。医薬部外品・化粧品育毛剤(全て外用)の塩化カルプロニウム、t-フラバノン、アデノシン、サイトプリン、ペンタデカン、ケトコナゾールはいずれも「C1」に、セファランチンは「C2」に分類されています。

朝日新聞2010年4月14日

植毛術については、自分の毛髪を移植する自毛植毛は「B」ですが、化学繊維を使った人工毛植毛は感染症や頭皮のかゆみを訴える症例報告が多く、「D」に分類されています。上記の内服薬や外用薬と自毛植毛を同列に論じることには多少の無理がありますが、いずれにしても市場に氾濫している、臨床効果のエビデンスが明確でない育毛・発毛剤や怪しげな育毛サロンに対する警鐘として、一石を投じたことになるでしょう。ちなみにガイドラインによると、男性の場合は5%のミノキシジルの外用とフィナステリドの内服を、また女性の場合は1%のミノキシジルの外用を1年間続けて満足がいかない場合は、十分な経験と技術を有する医師が行うことを前提とした"自毛植毛"や"カツラ"の使用を勧めています。

各種お申し込みは、
こちらから承っております。

ご予約・お問い合わせはこちら
0120-43-1082 受付時間:10:00 〜 19:00【年中無休】
オンライン予約はこちらからお申し込みください
カウンセリング予約
アイランドタワークリニックについて詳しく知りたい方は
資料請求