よくあるご質問

薄毛について

DHTとはなんですか?

DHT(ジヒドロテストステロン)とは男性ホルモンであるテストステロンが、酵素5αリダクターゼによってより化学変化したものです。テストステロン自体は筋肉増大や骨格の形成に作用しているものですが禿げを起こす作用はなく、DHTに代謝されることで薄毛や性欲減退を促す作用を発揮します。テストステロンは一般的に、30歳を過ぎた頃から減少すると言われており、減少することでDHTの生産量も増えると言われています。

薄毛は遺伝しますか?

薄毛が遺伝する、という事象について完全には解明されていません。しかしAGAについては遺伝によって発症する可能性が高まると言われています。

AGAの原因はなんですか?

AGAの原因として最も有力な説となっているのは、先天的な遺伝によるものです。しかしAGA発症の原理とされている、「DHTの増加」や「レセプターの活性化」には個人差があり、親族に薄毛の人がいるからといって必ず薄毛になるとは限りませんし、逆に禿げている人がいないからといって必ずしも薄毛にならないとも限りません。AGAの起因と薄毛の起因は必ずしも一致はしません。医療的に解明されていないことの多い分野ですが、i-directで解消できる事例もがほとんどです。カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょう。

ヘアサイクルとはなんですか?

ヘアサイクル(毛周期)はAGAを理解する上で欠かせない毛髪が成長する仕組みです。基本的に毛髪が生えて抜け落ちるまで、成長期、退行期、休止期という3つの過程があり、一つ一つの毛根がこの過程を繰り返すことをヘアサイクルと呼びます。成長期は毛髪が太く、長く伸びていく期間のことを言い、正常な状態であれば2〜6年続きます。成長期を終えた毛髪は毛球が退縮し成長が緩やかになります(退行期 2週間)。完全に退化すると成長は止まり、やがて新しく生えてくる毛髪と入れ替わるように抜け落ちます。(休止期 3、4ヶ月)
AGAが発症すると、成長期が極端に短くなります。通常2〜6年かけて成長する毛髪が、数ヶ月〜1年で止まってしまい、充分な太さや長さに達しない状態で抜け落ちてしまいます。そのため、短く細い未熟な状態の毛髪が増えることで薄毛に見えてしまうのです。

AGAとはなんですか?

Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。男性なら誰でも持っている男性ホルモン、テストステロンが前頭部、頭頂部にある5αリダクターゼⅡ型により、悪質なDHT(ジヒドロテストステロン)に変化したものを毛根の受容体(レセプター)がキャッチすると、毛髪の成長期は短くなり、短期間で脱毛を繰り返し、薄毛が進行してしまうのです。5αリダクターゼⅡ型の量や、レセプターの活性には個人差があり、これが薄毛とそうでない方を分ける要因になっています。AGAは進行性の症状のため、一度発症してしまうと薬以外での抑止は難しいとされています。

薄毛の原因を教えてください。

薄毛の原因は様々ですが、最も良く知られている薄毛は『男性型脱毛症(AGA)』です。この脱毛症には男性特有の体毛の変化に深く関わっているテストステロンという男性ホルモンが関与しています。男性型脱毛症(AGA)の人の前頭部および頭頂部では、テストステロンが変化した酵素が毛根部分で毛母細胞の分裂を阻害してしまうために、軟毛化が進行します。毛が細くなり、寿命も短くなりますから、頭皮が露出するようになってしまいます。男性型脱毛症(AGA)とホルモンの関係を示すものとして、去勢手術と薄毛の進行の関係についてお話しましょう。脱毛症が進行している男性が去勢手術を行なうと脱毛症の進行が止まりますが、男性ホルモンを注射などで与えると再び脱毛症が進行するのです。薄毛の進行を予防する事はある程度可能ですが、一度進行した男性型脱毛症(AGA)を改善する事は非常に困難になります。そのため自毛植毛がもっとも有効な治療法となります。

目的から情報を探す
植毛をお考えのあなたへ。まずはこちらをご覧ください。
  • 費用を安くしたい(お得情報)
  • 不安を解消したい(お客様からの評価)
  • カウンセリングの内容を知りたい
  • 価格を比較したい(価格比較)
  • 交通費・宿泊費全額返還します。
  • 2回目以降施術割引
  • モニター割引 やってます。
植毛のアイランドタワークリニックトップへ