内服薬治療と自毛植毛の比較

代表的な薄毛治療法の
10年後を見据えた日用比較

数多くの薄毛治療の中でも、自毛植毛は唯一、外科的に薄毛を治療する治療法です。
一次的な費用は他の薄毛治療法と比べると高額となりますが、施術後は費用がかからないため、長い期間で見るほど割安になるといえます。
自毛植毛とその他の代表的な薄毛治療法をご比較いただき、ご自身の症状やご予算に合う治療法をご検討ください。

薄毛治療法の費用比較表

患者様の今後10年間でかかる
薄毛治療費を比較表にしました。
ご自身に合う治療法を
ご検討ください。

コスト 効果 デメリット
自毛植毛

1回限り

500グラフト移植した場合

800,000(月額 6,667円)

10年(120ヶ月)で割った場合

外科的に毛髪と毛髪を作る組織を移植するため、自分の髪の毛が生える。

専門の医療機関でしか施術を受けることができず、効果は医師の技術に左右される。

内服薬

10年間

内服薬を
10年間使用し続けた場合

960,000(月額 8,000円)

薄毛の進行を抑制することが可能。すでになくなった毛髪の再生は難しいといわれている。

個人差はあるが副作用も確認されている。効果の確認に半年間以上の継続使用が必要。

  • コスト
  • 効果
  • デメリット
自毛植毛
500グラフト移植した場合
1回限り800,000(月額6,667円)

10年(120ヶ月)で割った場合

内服薬
内服薬を10年間使用した場合
10年間960,000(月額8,000円)
自毛植毛

外科的に毛髪と毛髪を作る組織を移植するため、自分の髪の毛が生える。

内服薬

薄毛の進行を抑制することが可能。すでになくなった毛髪の再生は難しいといわれている。

自毛植毛

専門の医療機関でしか施術を受けることができず、効果は医師の技術に左右される。

内服薬

個人差はあるが副作用も確認されている。効果の確認に半年間以上の継続使用が必要。

自毛植毛はメンテナンス等の必要がなく、
将来かかるコストの負担を抑えることができます。

他の薄毛治療法と違い、自毛植毛は外科的に自分の髪の毛と髪の毛を作る組織を移植します。他の薄毛治療法に比べ費用は高額となるため、金銭面で躊躇してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういったお悩みをお持ちの方へ、当院では医療ローンサービス「メディカルクレジット」でのお支払いをご提案しております。

メディカルクレジット

理想の自分をいち早く
手にしたい方へ。
保険適用外の医療行為を
対象とした医療ローンサービス

「メディカルクレジット」

  1. アイランドタワークリニックでは、患者様一人ひとりに合わせた医療ローンをご提案させていただいております。患者様のライフスタイルに合わせた、ご負担の少ないお支払い方法をご紹介いたしますので、お気軽にご相談ください。

    メディカルクレジットを
    ご利用の場合…

    • 分割払いが最大84回まで
    • 月々のお支払い8,500円〜

    ※月々のお支払い金額に関しましても
    ご相談ください。

詳細を見る

ご予約・お問い合わせはこちら
フリーダイアル0120-43-1082受付時間:10:00〜19:00 年中無休
  • アイランドタワークリニック採用サイト