Our Stories

患者様ごとに部屋を毎回清掃。アイランドタワークリニックのこだわり。

  • CREATE: 2018/12/13
  • UPDATE: 2019/04/25

心を込める清掃とは

カウンセリングルームは一回使うごとに掃除。鏡も全部拭く

カウンセリングルームは、来院初日にアドバイザーさんとお話をする場所ですね。

小野)そうです。受付をしていただいたら、看護師が問診をし、そのあとはカウンセリングルームにご案内します。テーブルを挟んで椅子が二脚ずつの個室です。この部屋は毎日の床の清掃やテーブル、椅子の拭き掃除はもちろんですが、特に患者様が一人使われるたびにも清掃をしています。テーブルも毎回拭きますし、鏡には指紋一つ残さないようにしています。

浅見)綺麗なお部屋で少しでもリラックスしていただきたいので。というのも、最初は緊張されている方が多いんですよね。初対面の人に悩みごとを話すなんて、楽しいことではないです。どちらかというと嫌なことですよね。だからせめて空間くらいは心地よくしたいなと。

 

必要なものは消毒ではなく滅菌まで徹底

櫛やヘアピンを使うと思いますが、その清掃はどのようにされているのですか

小野)備品はすべて、消毒もしくは滅菌します。髪の毛って、なんとなく汚れのイメージがありますよね。
体は常に服を着ているけれど、頭は何もかぶらない時間が長いから、皮脂が埃や花粉などもどんどん吸着してしまう。

浅見)ワニピン(小さいヘアクリップ)など髪に触れるものはすべて消毒ですね。櫛は滅菌まで行います。消毒と滅菌の違いは、殺菌の度合いです。
櫛を滅菌にする理由は、櫛の歯が見えない傷をひっかいている恐れがあるためです。どんなに小さな傷だとしても体液がつく可能性がゼロではないのなら、安全の意味で滅菌が必須と考えています。

消毒液に浸して乾燥した後は、個装して滅菌器へ。すべて院内で行っています。滅菌されると「滅菌済み」の文字が浮かび出るチェック用紙が封入されていますし、必ず使用直前に開封するので取り違いも起こらないようになっているんですよ。

短い時間しか使わない、オペ室の前室もぬかりなく

カウンセリングルーム以外では、どんなところに気を遣っていますか?

小野)オペ室の横に併設されている前室ですね。ここは、検診の時に上着を脱いでいただいたり、施術の直前に患者様に入っていただく場所です。
検診の時には短い時間しか使用しませんが、それでも患者様一人ごとに使用後は清掃と整理を行います。
施術の時には、術後にここで麻酔が覚めて落ち着くまで休んでいただきます。施術は長時間におよぶので、術後にサンドイッチの軽食をお出ししているのですが、このお部屋で召し上がっていただきます。
ですので、使用後は特に念入りに清掃をしています。前室用のスリッパは、オペ室で使うスリッパとはまた別のものなのですが、これも拭き掃除をして消毒しています。

 

院内すべてが、心地よさで満たされるように

見た目の美しさと安全のための清掃なんですね

浅見)カウンセリングルームも前室も、備品は絶対に切らさないようにチェックもしています。ワニピンひとつでも、その場になければ取りに行く間は患者様をお待たせすることになりますよね。整理整頓は、そういう無駄、患者様への迷惑を一切なくすという目的もあります。

小野)やはり自由診療のクリニックなので、治療以外の部分の品質は必要ですよね。
エントランスの扉は一日に何度も拭き掃除をしていますし、受付のソファもこだわっているんですよ。座り心地がいいだけではなく、立ったり座ったりがしやすい、腰や膝に負担のないものをと。私と別のスタッフが大手家具専門店に選びに行きました。とってもいいものです(笑)
安心や技術はもちろんのこと、対応や環境などすべての面でも来て良かったなと言っていただける場所を目指して、日々の業務に取り組んでいます。

ご予約・お問い合わせはこちら
フリーダイアル0120-43-1082受付時間:10:00〜19:00 年中無休