生え際のデザインについて

理想の髪型を手に入れられるi-Direct。
生え際などのデザインは自由自在。

自毛植毛にとって密度や毛流による生え際
つむじなどのデザインは仕上がりを左右する重要な要素です。
ここではi-Direct によって理想の髪型に近づいた4人を紹介します。
担当医師がどのようなデザインで4人の理想の髪型を実現したのかをご覧ください。

30代男性 生え際・頭頂部
2,200G

担当医師コメント
元々広かった額に、男性型脱毛症が重なり改善を希望。センターからサイドに一様にしっかりとした密度となるようにし、生え際を2cm下げる施術を行いました。また自然な生え際となるように、生え際のラインをギザギザにデザインしています。
Before
After
Before
After
Before
After

30代男性 生え際
1,500G

担当医師コメント
男性型脱毛症によって生え際に細い毛髪と太い毛髪が混合していてボリュームが足りず、M字も進行していました。そのため、太い毛髪は残しつつ、M字の奥から高密度で、かつ一様に配置することで、深かったM字が生え際に馴染むようデザインしました。
Before
After
Before
After
Before
After

40代男性 M字・生え際
1,800G

担当医師コメント
前頭部中央の密度が低かった為、まずは前頭部中央の密度アップをしつつ、その移植した毛髪と元々ある既存毛の密度を考慮し、M字部位の密度を設定。バランスよく移植する事を意識し、自然な生え際となるようデザインしました。
Before
After
Before
After
Before
After

30代男性 生え際
1500G

担当医師コメント
少しでも生え際を下げたいというご希望がありましたが、限られたグラフト数で生え際のラインを大きく下げようとすると移植密度が低下してしまいます。適度な移植面積と移植密度を提案し、患者さんと話し合いながらデザインを決定しました。
Before
After
Before
After
Before
After
ご予約・お問い合わせはこちら
フリーダイアル0120-43-1082受付時間:10:00〜19:00 年中無休
  • アイランドタワークリニック採用サイト