用語集

ケロイド

ケロイドとは、皮膚にできた傷が赤く盛り上がり、腫れた状態になっていることを指します。傷が治っていく過程において、何らかの炎症が起こり、皮膚下でコラーゲンが増殖し、傷の上に組織が盛り上がることによって生じます。腫れた状態が、もともとの傷の範囲内におさまっている状態は肥厚性瘢痕、傷の範囲を超えて広がっている状態はケロイドと、区別して呼ばれます。

ケロイドになりやすい体質の人のことをケロイド体質と呼び、遺伝であることが多いとされています。ケロイド体質は黒人種に多く白人種には少ないと言われています。帝王切開の際や、ピアス穴を開けた際に発症することが多くあります。ケロイドの治療法としては、抗アレルギー剤であるリザベンなどの内服薬を服用したり、ステロイド系の薬剤を利用したりする方法が代表的です。ケロイド体質の人が自毛植毛手術を受ける際には、注意が必要です。特に、メスを使用するFUT法による自毛植毛手術を受けた際は、傷跡にケロイドの症状がみられる可能性があります。その際は、メスを使用しないFUE法による手術を選択するか、ケロイド体質の治療を行ってから手術を受ける方が望ましいと言えるでしょう。