用語集

ドナー優性

ドナー優性とは、自毛植毛の手術において後頭部や側頭部から採取したグラフトが移植部に移植された後も性質を保ち続け、AGAの影響を受けにくい毛髪が生え続けるという性質のことをいいます。

AGAは、一般的に男性ホルモンなどの影響が主な原因と考えられています。主な原因物質は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質で、これは5α-リダクターゼによってテストステロンからつくられる物質です。そして、このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することによって、ヘアサイクルを乱し、発毛が抑制されてしまいます。また、AGAは遺伝によるものが大きいとされており、親からの遺伝で生まれつき5α-リダクターゼの量が多い人ほど抜け毛や薄毛に悩まされる人が多いとされています。このため、自毛植毛の手術では、男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部もしくは側頭部の毛髪をグラフトとして使用します。このグラフトが元の性質を保ち、薄くなっている前頭部・頭頂部で髪が生え続けることによって、薄毛が解消されるのです。このような場合に、ドナー優性があるという言葉を使います。