用語集

ランニングコスト

一般的な意味としてのランニングコストは、コンピューターの機材やシステムを保守、管理するために必要となる費用のことをいいます。つまり、何かを運用していくためにかかる維持費、ということもできるでしょう。これを、薄毛対策に当てはめて考えると、ランニングコストとは、薄毛を改善するために行う何らかの施策に対して、その効果を維持するためにかかる費用と考えることができます。
かつら、増毛、内服薬治療などの多くの薄毛対策には、ランニングコストがかかってきます。例えばかつらの場合、自毛の伸び具合と被っているかつらのバランスを考慮して、カットなどのメンテナンスが必要になり、そのコストは毎月5000~15000円程度と言われています。また各種増毛にもランニングコストはかかります。自分の髪が伸びるのに合わせて、人工毛を調整する必要があり、そのコストは、増毛する本数にもよりますが、月1~5万円程度と言われています。プロペシアなどの内服薬治療でも、薬を継続的に飲み続ける必要があるため、そのためのコストが必要となってきます。このように薄毛の対策には、効果を継続させるためにランニングコストがかかることが多くあります。そのため、初期費用だけでなくランニングコストも頭にいれて、対策を考える必要があります。