用語集

養毛

養毛とは、栄養不足による抜け毛を、髪に栄養を与えることによって防ぐことをいいます。場合によっては、現在ある髪を太く育てる育毛とは別の言葉として区別されていることもありますが、根本的な意味合いは育毛と近いと考えられます。
一方、発毛という言葉は、髪の毛が生えていない毛穴の毛母細胞を活性化することによって、再び髪を生やすことを指しているため、上の二つとは意味合いが異なってきます。このような言葉の意味的な違いがあるため、当然、養毛剤・育毛剤・発毛剤も成分や効果が異なってきます。発毛剤は、毛髪の成長を司る毛母細胞に積極的に働きかけることによって、発毛を促します。一般的に効果が強く、医薬品に分類されます。育毛剤は、頭皮の血行を促進したり、頭皮環境を整えたりすることによって、今ある髪を太く育て、抜け毛を防止します。一般的に育毛剤は医薬部外品に分類されます。養毛剤は、化粧品の一部に分類され、薬用成分ではなく髪に良い成分が含まれています。育毛剤よりも効き目が薄く、髪というよりは頭皮の環境を整える成分がメインに含まれています。