用語集

ミノキシジル

ミノキシジルとは、血管拡張剤として開発された成分であり、後に発毛剤に転用されました。副作用としては、全身の体毛が濃くなるという全身多毛症があるとされています。現在、ミノキシジルには頭皮に塗るタイプのミノキシジルゲルのような外用薬と、ミノキシジルタブレットのような飲むタイプの内服薬の2種類が存在します。
一般的にミノキシジルは塗るタイプよりも飲むタイプの方が効果は高いと言われていますが、その分副作用も大きいことから、現在日本では基本的には塗るタイプの外用薬を用いています。また、ミノキシジルはフィナステリド錠剤であるプロペシアと併用することで効果を高めると言われています。プロペシアは、脱毛を促進する成分の働きを阻害するいわば脱毛防止剤であるのに対し、ミノキシジルは発毛因子を刺激することで発毛を促進する働きがあります。プロペシアで脱毛を防止し、ミノキシジルで発毛を促進するというお互いの短所を補う服用方法によって、より高い治療効果を発揮するという仕組みです。しかし、このような内服薬には当然副作用もあるため、それらを理解したうえで服用することが大切です。