用語集

皮脂腺

皮脂腺とは、体毛一本一本に対して存在し、皮脂を分泌することによって皮膚や毛髪の表面を保護、保湿する働きをもつ器官を指します。皮脂は、体の場所によって発達している部分とそうでない部分があります。その中でも頭皮は皮脂が発達している部分であり、頭皮の皮脂腺は多量の皮脂を分泌しています。しかし、分泌される皮脂が多すぎると、脂ぎった肌になってしまい、毛穴に汚れなどが溜まりやすくなってしまいます。
一方、分泌される皮脂の量が少なすぎても、皮膚が乾燥してしまい、頭皮が傷つきやすくなってしまいます。よって、適量の皮脂の分泌が健康な頭皮環境には重要であるといえます。皮脂腺は毛包に排泄管の口が開いており、皮脂は毛をつたって表皮に出るという仕組みになっています。表皮に出た皮脂は汗とまざり皮脂膜を作ります。皮脂膜が頭皮や髪のうるおいを保ち、外部刺激から皮膚を守る役割を果たします。また、皮脂膜は皮膚を弱酸性に保つ働きをします。これは、皮膚がアルカリ性に傾き、かぶれなどを起こさないようにするためです。皮脂の分泌は肌環境に大きな影響を与えるため、適度にケアをし、皮膚を清潔に保つことが大切です。