用語集

日本臨床皮膚科医会

日本臨床皮膚科医会とは、1984年に設立された皮膚科を専門とする臨床医の集まりとして設立された団体です。日本臨床皮膚科医会は、生涯教育と健保問題解消をテーマとし活動しています。現在は約4600人の会員が所属しており、全国各地で講演を開催したり、皮膚科医として、皮膚疾患に悩む患者に対して最適な医療、治療を提供できるよう活動しています。
さらに、地域医療の充実をはかるため、学校保健、在宅医療に関しても、教育現場・行政面での活動あるいは各地域で往診をする皮膚科医の情報提供・公開講座などにも積極的に取り組んでいます。また、皮膚に対する関心をもってもらうために、1989年より11月12日(イイヒフ)を「皮膚の日」と定めるなどの活動も行なっています。国民に対して、皮膚疾患についての正しい知識の普及や、皮膚科専門医療に対する理解を深めるために、毎年この日を中心に、皮膚疾患やスキンケアについての市民公開講座、無料相談あるいは皮膚がんの無料検診などを開催し、都道府県単位の会員のボランティアによる啓発活動を全国的に行っています。