用語集

日本皮膚科学会

日本皮膚科学会とは、皮膚科学に関する研究・教育・医療ついての連携を図り、情報を共有し合うことによって、皮膚科学の進歩・普及に貢献することを目的として設立された社団法人です。事業内容としては、日本皮膚科学会雑誌と呼ばれる雑誌の発行や、皮膚科専門医の資格の認定・更新を行ったり、皮膚科学関連のシンポジウムを開催したりしています。
また日本皮膚科学会は、男性型脱毛症診療ガイドラインという、男性型脱毛症の治療に効果的な方法を選定した治療方法推奨表を公表しています。このガイドラインでは、治療法の推奨度を以下の5段階に分類しています。A:行うよう強く勧められるB:行うよう勧められるC1:行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がないC2:根拠がないので勧められないD:行わないよう勧められる このうち、Aに分類されるのは、ミノキシジル外用、フィナステリド内服(男性に対してのみ)の二つである。また、自毛植毛はBに属している。一方、女性に対するフィナステリド内服や人工毛植毛はDに属しており、ガイドラインでは行わないことを勧める治療法とされている。このように、日本皮膚科学会は皮膚科学の分野において幅広く活動を行っています。