用語集

チューブパンチ

チューブパンチとは、自毛植毛手術の工程で使用される器具の一つです。代表的な自毛植毛の手術法は2つあり、それぞれFUT法、FUE法と呼ばれています。両者の違いは移植片を採取する方法にあります。簡単に説明すると、移植片を採取する際にメスを使用するのがFUT法で、メスを使用せず専用の器具を用いるのがFUE法です。
FUT法は移植片を採取する際、メスを用いて後頭部から頭皮ごと毛髪を採取します。一方FUE法では、専用の器具を用いて頭皮にごく小さな穴を開け、移植片を採取していきます。このときに使用する専用のパンチ器具のことをチューブパンチといいます。チューブパンチを使用して移植片を採取することによって、後頭部を縫合する必要がなく、また、線状の傷跡が残ることもありません。さらに、術後の痛みもFUT法と比べるとほとんどないことがFUE法の特徴です。一方、技術力の低い医師が施術を行うと移植片を採取する際に、技術のない医師では毛根を傷つけてしまう確率がFUT法に比べると高いというデメリットもあります。そのため、植毛する本数が多い場合は無駄になる毛髪も多くなってしまうため、クリニックを選ぶ際は医師の技術や実績について調べることをお勧めします。