用語集

壮年性脱毛症

壮年性脱毛症とは、30代~50代で起こる脱毛症のことを言います。ちなみに、10代~20代で起こる脱毛症のことを若年性脱毛症、60代以降に起こる脱毛症のことを老人性脱毛症と言います。
壮年性脱毛症は男性に多く見られますが、女性にもおこります。男性の壮年性脱毛症の原因の多くは男性型脱毛症(AGA)と呼ばれるものです。男性型脱毛症とは成人男性によく見られる症状で、額の生え際、頭頂部のどちらか、またはその両方から髪が薄くなっていきます。男性型脱毛症は、テストステロンというホルモン物質の影響によって引き起こされます。テストステロンは、体内の5α-リダクターゼという物質と結びつくとジヒドロテストステロンと呼ばれる物質に変換されます。このジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞にある受容体に結合し、発毛を抑制してしまうことで男性型脱毛症の症状が現れるのです。また、男性型脱毛症以外にも、睡眠不足、偏った食生活、ストレスなどが壮年性脱毛症の原因となっていることもあります。
治療法としては、プロペシアなどのAGA治療薬を服用するか、植毛治療などで薄くなった部分に実際に髪を生やしたりするなどがあります。