用語集

コルテックス

コルテックスとは、毛髪の内部にある繊維状のタンパク質でできている層のことを言います。毛髪は3つの層が重なった構造をしています。これらの層は外側から順に、キューティクル・コルテックス・メデュラと呼ばれています。キューティクルは根もとから毛先に向かってウロコ状(紋理)に重なり合い、1枚の細胞は非常に薄く、通常6~8枚が密着した層をなしています。健康な髪は、紋理が規則的に整った波状をしていますが、傷んだ髪は乱れています。キューティクルが壊れると、髪は水分を保てなくなります。そうなると、髪の毛がパサパサになったり、切れ毛や枝毛でゴワゴワして広がる等の髪のダメージの原因となってしまいます。
コルテックスは主成分であるタンパク質の他に、脂質、水分、メラニン色素が含まれており、コルテックスの量が髪の毛の太さ、脂質や水分が髪の毛の硬さ、メラニン色素が髪の毛の色に影響を与えています。メデュラは毛髪の芯にあたる部分でその働きはまだ詳しくはわかっていませんが、毛髪のうるおいや弾力性を守っているとも言われます。軟毛や赤ちゃんの髪の毛にはこのメデュラはありません。