用語集

遺伝子検査

遺伝子検査では、男性ホルモンの影響により薄毛になるか(男性型脱毛症になるかどうか)を遺伝子的に検査することができます。遺伝子は一生変わるものではないため、遺伝子検査は一度受けるだけで良い検査です。
男性型脱毛症の発症には、5αリダクターゼと呼ばれる酵素が深く関わっています。5αリダクターゼは、体内で生成されるテストステロンと呼ばれる男性ホルモンを、ジヒドロテストステロンに変換します。このジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞にある受容体(レセプター)と結びついて、発毛を抑制してしまうといわれています。遺伝子検査では、5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型の発現強度を調べて、男性型脱毛症を発症しやすいかどうかを判断します。また、結果によって、フィナステリドが治療に適しているかも調べることができます。
この遺伝子検査は、AGA治療の専門クリニックでも行われていますが、最近では検査キットもあり、簡単に行うことができます。家系的にAGAの可能性がある人や、薄毛、抜け毛が気になっている人は、一度検査を受けてみるといいかもしれません。