用語集

アデノシン

アデノシンとは、アデニンとリボースからなるヌクレオシドの一種で、発毛促進の効果があるとされている成分でもあります。アデノシンは、DNAの遺伝情報に用いられたりすることで知られていますが、発毛因子であるFGF-7を作り出すという作用もあります。
髪は、毛根にある毛母細胞とよばれる細胞が分裂をうることによって成長すると知られています。発毛因子FGF-7は、この毛母細胞の分裂を活発にするため、髪の成長を促進します。このFGF-7を生成する成分がアデノシンなのです。また、アデノシンには毛根の成長期を長くする作用もあります。
毛髪が生え変わるサイクルであるヘアサイクルには、成長期・休止期・退行期がありますが、アデノシンは髪の毛が退行期に移行するのを防ぎ、成長期の期間を延ばす作用があります。これによって、髪の毛を長く太く成長させることが可能になります。また、アデノシンには他にも血行を促進させる作用があります。血行を促進させることで、毛根に酸素を効率よく供給することができ、髪に必要な栄養素を行き渡らせることができます。
しかし、日本皮膚科学会が発表している男性型脱毛症診療ガイドラインでは、用いてもよいが根拠がないと分類されており、ミノキシジルやプロペシアなどと比較すると、やや効果が薄いという面もあります。