他の自毛植毛との比較

他の自毛植毛と比較することで見えてくる
i-directの優位性。

植毛はクリニックによって手術方法が異なります。その種類は大きく分けると、自毛を使用する自毛植毛と、人工毛を使用する人工毛植毛に分かれます。2つを比較すると、やはり自分の髪の毛で薄毛を治療する自毛植毛の方がメリットは大きいといえるでしょう。また、自毛植毛も、メスを使用しない”FUE法”とメスを使用する”FUT法(ストリップ法)”に分かれます。そのFUE法を独自に進化させ、自毛植毛の効果を最大化させたものが当院の”i-direct法”です。それぞれの自毛植毛のメリット・デメリットを比較しやすいように下記の表に分かりやくまとめていますので、 参考にしてみてはいかがでしょうか?

i-directの樹形図

他の自毛植毛との比較

i-ダイレクト法チューブパンチで髪を
1グラフトずつ採取
FUE法チューブパンチで髪を
1グラフトずつ採取
自毛植毛ロボット植毛ロボットによる
自動採取
ストリップ法後頭部をメスで帯状に
切り分ける
グラフトの採取方法 直径0.8mmのチューブパンチを使用し、髪を毛穴ごと1つずつ採取する。実績の豊富な医師たちだから仕上がりに沿った必要な株だけを目利きし均等に採取。 直径1.2mmのチューブパンチを使用し、髪を毛穴ごと1つずつ採取する。 植毛ロボットが後頭部の髪を判別、直径1.2mmのパンチで自動で移植株を採取する。その後、移植株の余分な頭皮は人の手でトリミングされる。 後頭部の頭皮をメスで帯状に切り取り、その後毛穴単位に小分けして、移植株を作成。
新しい毛穴の作成 直径0.6mmの極細のパンチグラフトを使用して毛穴をひとつひとつ作成。実績の豊富な医師たちだから毛穴の向き、間隔など調整しイメージ通りの仕上がりに。 直径1.0mmのチューブを使用して、毛穴をひとつひとつ作成。 ニードルを用いて、穴の作成と移植を同時に行う。 移植箇所にメスで切れこみを入れ、スリットを作成。
i-ダイレクト法 FUE法 自毛植毛ロボット ストリップ法
植え込み インプラント専用機を用いて、0.6mmの穴に0.8mmの移植株を空気圧でしっかり植え込む。 インプラント専用機を用いて空気圧でしっかり植え込む。 ニードルを用いて、穴の作成と移植を同時に行う。 ピンセットを使い、移植毛を挿し込む。
生着率 95%以上 80~95% 80~95% 80~95%
術後の痛み 少ない。微小な傷となるため傷もかさぶたが出る程度。 比較的少ない。 比較的少ない。 頭皮を切り取っているため、痛みが継続しやすく、また治りも遅い。
術後の傷跡 採取する穴が非常に小さいため、傷跡が目立たない。移植箇所も術後1週間もすると傷跡がわからない見た目に。 チューブパンチで採取するため、ストリップ法と比較すると傷跡が目立たない。 採取時のパンチがFUE法で使用されているチューブパンチよりも大きい為、採取後の穴はFUEに比べて目立つ。 線状の傷跡が残る。また、帯状に採取した箇所を縫い合わせるため、頭皮が引っ張られ、違和感があることも。
費用 繊細な手作業が多くやや高め 繊細な手作業が多くやや高め 採取をロボットが行うためやや低め 採取の工程が少ないため低め
  • i-directについて
  • 採取・ホール作成・移植について
  • 他の自毛植毛との比較
  • ドクターの技術力
  • 生着率について
目的から情報を探す
植毛をお考えのあなたへ。まずはこちらをご覧ください。
  • 費用を安くしたい(お得情報)
  • 不安を解消したい(お客様からの評価)
  • カウンセリングの内容を知りたい
  • 価格を比較したい(価格比較)
  • 交通費・宿泊費全額返還します。
  • 2回目以降施術割引
  • モニター割引 やってます。
植毛のアイランドタワークリニックトップへ