用語集

ドナー

ドナーとは、自毛植毛の手術の際に、植毛に使用する自毛を採取する後頭部・側頭部の採取箇所のことを指します。自毛植毛の施術は移植する毛髪(グラフト)の採取、移植箇所の作成、移植箇所への移植株の植え込み(インプラント)の3つの行程で構成されていますが、ドナー部からの毛髪の採取方法によって大きくFUT(Follicular Unit Transplantation)とFUE(Follicular Unit Extraction)に分けられます。

FUTのグラフト採取は後頭部・側頭部の頭皮を幅1.5cm程度切り取り、株分けとトリミングを行って移植に使用するグラフトを作成するため、採取後にドナー部を縫い合わせる必要があります。また施術後に引き攣れるような違和感を感じる場合もあります。FUEのグラフト採取は直径1mm以下の極細のチューブパンチで移植に用いるグラフトを毛包ごと切離するため、ドナー部には直径1mm程度の小さな穴が開くだけで、術後に縫い合わせる必要もありません。

自毛植毛施術では移植箇所の仕上がりも大事な要素ですが、術後の長い生活を考えるとグラフトを採取したドナー部に違和感がないことも重要です。施術を受ける際はそれぞれの術式の違いについてよく理解してからクリニックを決めるといいでしょう。