用語集

デュタステリド

デュタステリドとは、イギリスの製薬会社によって開発された前立腺肥大症の治療薬のことで、のちに男性型脱毛症に対する効果も発見されました。デュタステリドと同様な効果をもつ成分にフィナステリドがあります。両者はともに前立腺肥大や男性型脱毛症に有効とされる成分ですが、その作用には若干の違いがあります。
そもそも、男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンの生成を促す5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型があります。フィナステリドはこのうちⅡ型の5αリダクターゼにしか作用しないのに対し、デュタステリドはⅠ型、Ⅱ型両方の5αリダクターゼに作用します。このため、フィナステリドを有効成分とするフィナステリド製剤を服用して効果が現れなかったりした人も、デュタステリドであれば効果がでる可能性もあります。
副作用としては、性欲減退、肝機能障害などがあげられます。また、耐性が発生する可能性が高く、FDAによる認可も行われていないため、日本においてはフィナステリド製剤の方が普及しています。しかし、欧米や韓国では定着してきており、今後日本でも大きく普及することが考えられるAGA治療薬の一つといえるでしょう。