用語集

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、主治医以外の医師に求める第二の意見のことを言います。インフォームドコンセントといい、自分も治療の決定に関わる医療に変わってきたという社会背景の変化を受け、セカンドオピニオンという考え方は広がりました。
近年、医療技術は発達してきており、一人の医師がその全てを把握しているとは限りません。そのため、患者にとって最善だと思える治療を患者と主治医との間で判断するためには、別の医師の意見を聴くことも重要だという考えが広がっていっています。セカンドオピニオンは、別の医師に意見を聞くことであって、主治医を変えることとは同義ではありません。セカンドオピニオンの考え方は特に米国では定着しており、診察の終わりに医師が、セカンドオピニオンの意思があるかないかを確認することはもはや当然になっています。がんなどの常に治療法が進歩している状況においては、セカンドオピニオンの重要性はより高まっており、専門知識をもつ第三者に意見を求めることは治療の過程として当然のことになってきています。
アイランドタワークリニックでは、植毛手術に関してセカンドオピニオンも受け入れているため、手法などに不安を感じている方は、一度相談してみるのも一つかもしれません。