用語集

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれ、日本で最初に発売された新薬の特許期間が終わった後に、厚生労働省の承認を得て販売される薬のことをいいます。新薬と同様の有効成分を含んでいるため、同等の効果が期待できるうえに、新薬と比較して開発費をおおきく抑えることができるため、薬を安く販売することができます。
基本的に、ジェネリック医薬品が発売されている場合には、希望すれば処方箋をジェネリック医薬品に変更することができます。ジェネリック医薬品を利用すれば、治療費を大幅に削減することができます。特に、薬の長期的な服用が必要な場合は、金銭面での問題もでてくるため、ジェネリック医薬品は有効です。ジェネリック医薬品は一般的に、新薬の半額程度の価格で販売されています。また、品質に関してもジェネリック医薬品は十分に保障されています。新薬が特許期間中に多くの患者に服用され、その効果・安全性などが確認された上で、さまざまな厳しい基準に通ったものがジェネリック医薬品として発売されます。そのため、ジェネリック医薬品は効果・安全性も新薬と変わらないといわれています。AGA治療薬として有名なプロペシアにも、ジェネリック医薬品は存在します。