用語集

産後脱毛症

産後脱毛症とは、出産後に急に抜け毛が増え始める症状のことで、約7割の経産婦が経験しているとも言われる症状です。
産後脱毛症の原因は女性ホルモンの変化が主な原因と考えられています。妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンが増加します。一般的に髪の毛は一定のサイクルで生え変わっていますが、女性ホルモンは増加することによって髪を抜けにくくするため、妊娠中は髪の毛や体毛が濃くなることもよくあります。しかし、産後すぐは女性ホルモンが急激に減少し、妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜けてしまうのです。
また、女性ホルモン以外にも子育てのストレスや生活習慣の乱れなどが原因となっている場合も多くあります。一般的に産後1年以内には産後脱毛症は治ると言われていますが、できる限りの対策をしておくことで、症状を予防することもできます。基本的には、規則正しい生活を心がけることが重要です。