用語集

ザガーロ

ザガーロとは、グラクソ・スミスクライン株式会社が承認を得た男性型脱毛症の治療薬の新薬のことです。ザガーロに含まれる有効成分はデュタステリドと呼ばれ、もともとは前立腺肥大のために開発されたものでした。その後、男性型脱毛症にも効果があることがわかり、治療薬として使われるようになりました。
ザガーロと同じ男性型脱毛症の治療薬としてフィナステリド製剤がありますが、両者は微妙に効果が異なります。男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンの生成を促す5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型があります。フィナステリド製剤はこのうちⅡ型の5αリダクターゼにしか作用しないのに対し、ザガーロはⅠ型、Ⅱ型両方の5αリダクターゼに作用します。このため、フィナステリド製剤を服用して効果が現れなかったりした人も、ザガーロであれば効果がでる可能性もあります。
しかし、当然ザガーロにも副作用はあります。副作用は基本的にフィナステリド製剤の副作用と同様に、性欲減退、勃起不全、精子量の減少などがあげられます。また、女性や子供、その他肝臓に障害がある方などは服用ができない点は注意点としてあげられるでしょう。