用語集

拒絶反応

拒絶反応とは、自分の体内に異物が侵入した際、これに抵抗し阻止しようとする反応のことを言います。臓器移植などの手術を受けた際、その移植片を身体が拒否し、拒絶反応を起こすことがあります。薄毛の治療法として代表的な植毛治療を行った際にも拒絶反応が起こる可能性があります。
植毛には自毛植毛と人工毛植毛の2種類がありますが、拒絶反応が起こるの危険性があるのは人工毛植毛です。人工毛植毛は、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維でできた人工毛を頭皮に植え込んでいく植毛法のことです。自分の毛ではない合成繊維を頭皮に植え込んでいくため、異物を追い出そうとする拒絶反応が起こってしまいます。そのため、植毛した人工毛が抜けやすくなります。それを防ぐために人工毛植毛では、人工毛をより頭部の深くに植え込んでいくのですが、これが原因となってアレルギー反応などの頭皮トラブルを起こすこともあります。また、人工毛は自毛のように成長することがないため、時間が経つと必ず違和感が生じてきます。そのたびにメンテナンス費用もかかってくるなどのデメリットもあるため、植毛手術の場合は自毛植毛による手術が、拒絶反応もなく効果も期待できるためオススメと言えるでしょう。