用語集

株分け

株分けとは、FUT法という自毛植毛の手術法の行程の中で、メスで切り取った帯状の皮膚を毛包単位の移植株に切り分けて成形する行程のことを言います。その後の行程は施術によって異なりますが、スリット法の場合、株分けされた移植株はメスなどで小さく移植用の切れ込み(スリット)を作成した移植部分の頭皮に植えこんでいきます。
自毛植毛の手術法として古くから知られるFUT法では、移植株を採取する際に株分けが必要不可欠なため、施術時間がかかります。また、株分けの際に移植株を傷つけてしまう可能性もあり、移植後の生着率に影響を与えてしまうことがあります。株分けの際に、毛根を傷つけないようにすることが術後の生着率を大きく左右する要因であるといわれており、FUT法による自毛植毛手術の中でも、株分けは特に神経を使う大切な工程の1つとされています。医師や医療スタッフの技術力が低い場合には、移植株を損耗してしまう可能性があるため技術力のあるクリニックを選部ことが重要となります。一方、専用のチューブパンチを用いて移植株を一つずつ採取するFUEでは、そもそも採取時に毛包単位で採取しているため株分けの必要がありません。