用語集

FUE(Follicular Unit Extraction)

FUE法は代表的な自毛植毛の手術法の1つであり、FUT法とよく比較されます。FUT法が、グラフトを採取する際にメスを使用して頭皮ごと移植株を採取する手術法であるのに対し、FUE法は、専用のパンチ機器を用いてグラフトを1つ1つ採取します。そのため、切らない手術を望んでいる人や、頭皮の皮膚が突っ張っていてメスを使用することが難しい人でも受けることができる手術法です。グラフトを採取した後は、専用のインプランターを使用して、移植部分にグラフトを埋め込んでいきます。
FUE法では、FUT法で生じることもある採取部の施術痕や施術後の引っ張られるような違和感もなく、また傷自体が小さいためドナー部の治りも早いというメリットがあります。また採取時点で移植に適した形に採取できるため、FUT法のようなトリミングが必要なく、トリミングの行程でグラフトを傷つけて生着率を低下させてしまう可能性も低くできます。そのため線状の傷が気になる方やメスを使用することに抵抗がある方、できるだけ生着率を高めたい方などにおすすめできる治療法です。当院のi-DirectはこのFUE法の施術の細部にこだわり、より自然な仕上がりを目指す自毛植毛です。