用語集

AGA

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症とも呼ばれます。
成人男性によく見られる症状で、額の生え際、頭頂部のどちらか、またはその両方から髪が薄くなっていきます。日本ではおよそ1200万人がAGAに悩まされていると言われており、これは成人男性の約3分の1に相当する数です。AGAは、一般的に男性ホルモンがなどの影響が主な原因と考えられています。
主な原因物質は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質で、これは5α-リダクターゼによってテストステロンからつくられる物質です。
そして、この DHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することによって、ヘアサイクルを乱し、発毛が抑制されてしまいます。また、AGAは遺伝によるものが大きいとされており、親からの遺伝で生まれつき5α-リダクターゼの量が多い人ほど抜け毛や薄毛に悩まされる人が多くなります。それ以外にも、高カロリーなものや、動物性の脂肪分が多く含まれるものを多くとっているような食生活や、過度な飲酒、喫煙などの生活習慣の乱れも、毛髪の成長に悪影響を及ぼすと言われています。