用語集

5α-還元酵素Ⅱ型

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンがジヒドロテストステロンと呼ばれる発毛を抑制するホルモンへと変換される際、5α-リダクターゼという還元酵素と結びつきます。
この5α-リダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があります。Ⅱ型リダクターゼはⅠ型リダクターゼに比べ、より強力な男性ホルモンを生成すると言われています。また、Ⅰ型リダクターゼは側頭部と後頭部の皮脂腺に、Ⅱ型リダクターゼは前頭部から頭頂部の毛乳頭に存在します。ゆえに、このⅡ型リダクターゼはヒゲや体毛の増加、薄毛の原因となると考えられています。
5αリダクターゼの分泌量は個人差がありますが、その量は一般的に遺伝によって決まるとされています。薄毛の原因になるとされている5αリダクターゼを抑制することが男性型脱毛症の対策として最も重要とされており、一般的に薬や食事などで抑制することができます。プロペシアなどのAGA治療薬に含まれるフィナステリドと呼ばれる有効成分には、5αリダクターゼを抑制する効果があります。また、亜鉛を摂取することで5αリダクターゼを抑制したり、イソフラボンを摂取することで、5αリダクターゼの働きを阻害して、ジヒドロテストステロンへの変換を抑制したりできると言われています。