「人工毛植毛」と「自毛植毛」の違いとは?

「人工毛植毛」と「自毛植毛」の違いとは?

植毛の基礎知識「人工毛植毛」と「自毛植毛」の違いと手術法

いざ植毛をしようと考えた時、まず検討していただきたいのが植毛の種類になります。 ここでは「人工毛植毛」「自毛植毛」の違いと合わせ、手術法についても紹介していきます。

植毛の種類『人工毛植毛』

名前の通り、人工的につくられた毛を植毛する種類です。

体に異物を埋め込むためトラブルも多く、アメリカでは法律で人工毛植毛が禁止されています。一度植えた毛が伸びたり新しく生えて来たりすることがないため、定期的なメンテナンスが必要になります。

体のどこかから毛を持ってくるわけではないため、他の箇所の毛が減ることが無いという特徴がメリットと言えます。

植毛の種類『自毛植毛』

後頭部などAGAの影響を受けにくい箇所から、毛穴ごと植毛する種類です。 毛穴が馴染むことで毛も成長していくため、毛周期によって伸びたり抜け落ちたりする自然な植毛となります。これにより馴染んだ毛のメンテナンスが必要ないことが大きな特徴です。

一般的に一度に大量の植毛を行うことは難しいため、複数回の手術が必要となる場合もあります。また、植毛に際してメスを用いる手術法もあるため、事前にどのような手術法を行っているのかも確認しておいた方が良いでしょう。

植毛手術の種類①ニードル法

狭い範囲に植毛する場合に有効な手術法で、植毛針を用いてグラフト(移植株)を植え込んでいきます。針を用いるため傷跡が小さくなることが特徴で、どちらの方向に生えるかなどの細かい調整も可能です。

熟練の手が必要なため、病院選びは慎重になる必要があります。また、植え込める密度に限界があり、広範囲に対応することも難しいというデメリットもあります。

植毛手術の種類②ダイレクト法

メスを使用せずに直接毛包ごと吸引採取する手術法です。デザイン性が良いまま密度を高くすることが出来ることと、植毛後の生着率が高いのが特徴です。また、機械を利用するため術者によって大きな違いが出ないこともメリットの一つと言えます。また、他の手術法に比べ一度に多くのグラフトを移植することが出来ます。 手術前に後ろの髪をバリカンで刈る必要があるのがデメリットとされていますが、アイランドタワークリニックを始め、今では刈らずに施術ができる先進技術もあります。

植毛手術の種類③ストリップ法

後頭部から毛髪を皮膚ごと帯状に採取し、これを株分けして希望する箇所に移植していく手術法です。採集によってできた傷跡は縫合しますが、採取した面積の分皮膚を引っ張るので、手術後は突っぱった感覚がつきまといます。ダイレクト法と同様に生着率が高く、デザイン性・密度も高くすることが可能なのがメリットと言えます。 縫合により後頭部が突っ張ることと、坊主頭などにすると線状の傷跡が目立ってしまうことがデメリットと言えます。

植毛を行う際には手術法も大切となるので、手術法についても簡単に紹介します。